beyerdynamic DT990PRO レビュー|つい聴きたくなる中毒性!ソリッドな高音と量感のある低音が魅力のヘッドホン

こんにちは、もぶるです。

今回はbeyerdynamicの人気製品「DT990PRO」を1ヶ月使用してみての感想を書いていきます。

めっちゃ良いヘッドホンです…

もぶる

刺さり感のある刺激的な高音量感のある低音が魅力!だけど、音は明るすぎず、冷静さも持っている…。つい聴きたくなるような中毒性のあるヘッドホンです…!

beyerdynamic DT990PROの良いところ
  • ソリッドな高音と量感のある低音で楽しく聴ける
  • かといって音が明るすぎない
  • 楽器の表現が秀逸で生々しい音が楽しめる
  • 音の解像度が高め
  • 定位感が良く、音の方向がわかりやすい
beyerdynamic DT990PROの気になるところ
  • カールコードの重さがけっこう気になる
  • 高音は刺さりやすく、人の声はやや掠れ気味になる
  • やや聴き疲れしやすく感じる
  • 側圧はわりと強めで人によっては長時間使用できない可能性がある
  • インピーダンスが高く音量が取りにくい(気になる方は80Ωモデルを選ぶのが良いかも?)

beyerdynamic DT990PROについて

今回自分は250Ωモデルのものを購入しました。

スペックは次のとおりです。

製品名beyerdynamic DT990PRO(250Ωモデル)
インピーダンス250Ω
出力音圧レベル96 db
再生周波数帯5〜35,000 Hz
重さ250g(ケーブル含まず)
プラグミニプラグ/標準プラグ
beyerdynamic公式より引用

インピーダンスが250Ωと高めなことが特徴。

モバイル端末などで使うと、出力がやや不足する可能性があります。

DT990PROの付属品

ソフトなポーチが付属

DT990PROの付属品は下記のとおりです。

付属品
  • DT990PRO本体
  • 標準変換アダプタ
  • キャリングポーチ

ソフトなタイプのキャリングポーチが付いてきます。

片出しのカールコードを採用。リケーブルはできない

重さがあり扱いくいカールコード。ぐにゃんぐにゃんと暴れる

DT990PROは3.0mの片出し、ぐるぐる巻きのカールコードを採用しています。

長さのわりに場所を取りにくいことが利点なのですが、ケーブル側に重さを感じやすいというデメリットも。

正直、個人的には邪魔に思うことの方が多いですね…

リケーブルには対応していません。

beyerdynamic DT990PROを使ってみて

audient EVO4で聴いています

ここからはbeyerdynamic DT990PROを使っての感想を書いていきます。

もぶる

いつもaudientのEVO4に接続して聴いています。

  • ソリッドな高音と量感のある低音!各楽器が際立つ太さのあるサウンドが魅力
  • 音の広がりはそこそこ。ただ、音の方向は掴みやすい
  • しっかりホールド感のある装着感

ソリッドな高音と量感のある低音!各楽器が際立つ太さのあるサウンドが魅力

まずは音の感想から。

刺さり気味のソリッドな高音開放型にしては存在感のある低音が特徴的です。

電子的な音よりも楽器などの生音系が得意に感じますね。

表現が秀逸で生々しい音が楽しめますよ。

もぶる

やや太さのある音で、聴いていてめちゃくちゃ気持ち良い…!病みつきになるサウンドです。

ドイツにある自社工場でハンドメイド生産されている

人の声などの中音域は少し引っ込んでいて、ボーカルはやや掠れた感じになります。

また、ブレスとか歯擦音(サ行の音)とかもけっこう強調されて聴こえますね。

ここを味のある音と捉えるか、不快な音と捉えるかで評価がけっこう変わりそうです。

くっきりしたクリアな声を聴きたい方には向いていません。

ボーカルよりも、楽器パートをメインに聴きたい方に向いているヘッドホンだと思います…!

ジャズ系の曲とかはかなり相性が良いですよ。

音の広がりはそこそこ。ただ、音の方向はしっかり感じやすい

開放型ヘッドホンということもあり、音抜けはよいです

音がこもってしまう感じはありません。

無骨さがかっこいいヘッドバンド

音の広がり(音場)はそこそこ広いという感じ。縦方向というよりも横方向に広がります。

やや密閉型に近い開放型ヘッドホンという感じですね。

ただ、空間が広すぎないせいなのか音の方向は感じやすいです。

もぶる

DT990PROはゲーム用に使われていることもあるそうなのですが、この定位感のよさなら納得ですね。

しっかりホールド感のある装着感

続いて、装着感です。

側圧はわりと強めで、しっかりめの装着感です。

側圧が強いヘッドホンが苦手な方は、別のヘッドホンにした方が良いかもしれません。

ベロア生地のイヤーパッドを採用。やや強めの側圧でしっかりフィットする

もぶる

メガネをした状態で付けても、メガネとの干渉による痛みはそこまでありませんでした。

また、DT990 PROはベロア生地のイヤーパッドを採用しています。

ヘッドホンの外側部分が空いている開放型という点も合わさり、長時間の使用でも蒸れにくく快適です。

ただ、開放型ということもあり音漏れはしっかりするので、外では使えないですね。

beyerdynamic DT990PRO レビュー まとめ:もっと「音楽」が好きになる魅力的な製品

今回はbeyerdynamic DT990PROを使った感想でした。

beyerdynamic DT990PROは次のような方におすすめです!

DT990PROはこんな方におすすめ!
  • 楽器パートメインで聴きたい方
  • フラットな音よりもドンシャリ寄りの音が好きな方
  • 音の方向を掴みやすいヘッドホンを探している方
もぶる

個性的かつ中毒性の高いサウンドで、好きな方はめちゃくちゃ好きになるはず…!音のクオリティもかなりよく、多くの方に試していただきたいヘッドホンです。

特に楽器好きの方はかなり気に入ると思います。生々しさがすごいです…

DT990PROでぜひ素敵な音楽ライフを!

定番の250Ωモデルのほか、80Ωモデルや黒色のLIMITED EDITIONも存在

自分が購入したのはインピーダンス(抵抗)が250Ωのモデルでしたが、どうやら下記のようなモデルもあるらしいです。

DT990PROの種類
  • 通常モデル(250Ω)←本記事で紹介しているモデル
  • 通常モデル(80Ω)
  • LIMTED EDITION(250Ω)
  • LIMITED EDITION(80Ω)

モバイル端末での利用を想定している方や、PC直差しでの運用を考えている方は、80Ωモデルの方がよさそうですね。

また、通常モデルとLIMITED EDITIONの主な違いは、配色ケーブル

通常モデルはグレー×ブラックの配色ですが、LIMITED EDITIONはヘッドホン全体が黒一色です。

ケーブルは通常モデルが3.0mのコイルケーブル、LIMITED EDITIONは3.0mのストレートケーブルに変更されています。

今思うと扱いやすそうなストレートケーブル仕様のLIMITED EDITIONでもよかったかもしれません。

もぶる

でも、グレー×ブラックの通常モデルの配色もかっこいいんですよね。悩みどころです。